上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルのサイトに行く為に、googleで"apple"でググルつもりが、タイプミスで"あppぇ"でググッてしまった。あーあー、打ち直さなければいけねえなと思いきや、googleの検索リストのトップに"「あppぇ」は恐らく「apple」の変換(入力)間違いです。 」"という文章が表示していた。

なんじゃコリャと思いクリックするとWeb人力案内というサイトに誘導され、googleまたはyahooで正しい単語でクリック一つで再検索できる。

正直言って、へえ~な感じのWEBサービスだ。間違った単語を訂正させるサービスが痒いところのニーズを突いている。しかも、間違った単語で検索すると高確率で、このサイトがgoogleにトップで表示される。

何故、トップの位置を占めることができるのかを予想すると答えはシンプルで、単純にこの間違った単語を使用しているサイトが少ないのと、googleに認識しやすいように、明確に単語としてタグを使用しており、さらに全ての間違い単語にリンクしているからでないかと。

しかし、googleの「もしかして」機能でも訂正してくれるようなったら、ニーズは下がるだろうなあと思う。

 

誤り単語を全てみると、何故かニヤニヤしてしまう。

スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。