上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の職場の机にはG5 MACとPCが設置してある。でも、使用するのは、ほとんどPCだけだった。MACはWEBの表示確認するだけにしか使わなかった。

MACの使用率が低いのは、作業は全てPCでできるし、MACに移行する理由が無かったからだ。

だが、今日はMACに移行する理由ができた。PCと接続している三菱製 液晶 RD171LMの色の表示品質が悪すぎるからだ。この液晶は何故か青が強烈に強い。薄い水色など妙に照って見える。色温度を調整して6500Kにすると、こんどは画面全体が軽い紫が掛かったように見える。

これでは、自分の色感覚が狂ってしまうと思い、MACの液晶をメインにしようと決心する。しかし、PCとMACのディスプレイは繋げられない。MACの液晶はスタジオディスプレイでコネクタがADCであるからである。

そして、仕事環境も全てMACで出来るよう色々試行錯誤してみた。その結果自分のベストはMACでWindows XPのリモートデスクトップを使用することだった。

Windows XPのリモートデスクトップはVNCよりずっと高速だ。CPUとLANの回線が速ければ、ストレスを感じないほどのレスポンスでWindowsを操作できる。さらに利点としてはクリップボードを共有できるので、MACとWindowsが簡単に連携できる。

MAC用のリモートデスクトップクライアントは下記のサイトでダウンロードできる。

Remote Desktop Connection Client 1.0.3 for Mac

 

これにより、Windowsにしか出来ないことはリモートデスクトップで行い、その他はMACでできるようになった。Windowsの使用感の目安としてPhotoshopの操作が若干もたつく程度だった。

スポンサーサイト

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。